写真をクリック(タッチ)してください。

相談前に、お伝えしたいこと


障害年金請求前の3つのポイント

障害年金を受給するためには、次の3点がポイントになります。し …

相談パートナー選びはとっても大切

 障害年金の相談をするなかで、あなたの思いが伝わらない、プラ …

これからのことを考えてみましょう

 障害年金を受給することは、自立した生活を維持するためには非 …

社労士のひとりごと

社労士のほかに、妻、母親、おばあちゃん(!?)の役割も担っています。
季節の移り変わりごとに独り言をつぶやいていきます。

気になる?65歳からの遺族年金

今回は、亡くなった夫の遺族厚生年金を受け取っている60歳前後の女性のお話です。 65歳以降の年金額がどうなるか知りたくて、年金事務所で試算をしてもらいます。その結果、事前に予想していた年金額とかけ離れた少額の年金額になっているため、ショックを受ける方、または怒りが爆発する女性がいます。 少額になる理由 なぜ、こうなるか説明します。まず、65歳までは一人一年金と言って自分の厚生年金や障害年金があると …

障害年金を中心に令和4年度年金額の話

1月21日に厚生労働省から令和4年度の年金額が発表され、令和3年度から0.4%の引き下げです。 年間100万円の年金を受け取っている方は、996,000円になり4,000円少なくなります。 65歳から受け取る老齢基礎年金(国民年金)は、20歳から60歳まで40年間支払った方で月に64,816円です。老齢厚生年金は、平均の給料やボーナスによって一人ひとり違います。 国が発表している標準モデルでは、4 …

遺族厚生年金不支給案件

今回は、遺族年金の請求が認められず私の不完全燃焼が抑えられない為、現在進行形の相談案件についてお話しします。なお、個人情報に抵触する事項については変えさせていただいております。     請求事案の概要 夫(死亡者):50歳 妻が遺族厚生年金を受け取るための厚生年金25年の資格は満たしています。 妻:50歳、2人の子はすでに高校を卒業している為、遺族年金受給には関係ありません。 結婚後20数年にわた …

障害年金の更新手続きについて

10年ほど前から障害年金支援ネットワークという全国組織のNPO法人で、時々障害年金無料電話相談を担当しています。 この組織の設立趣旨は、障害状態にありながらも、請求できることを知らなかった人や何らかの理由で請求手続きが困難な方のために無料でアドバイスを行い、障害年金受給のお手伝いをするというものです。 以前は、趣旨通りに初めての請求に当たり、わからないことがあって教えてもらいたい、又は、私はもらえ …