《遺族年金の請求について》

1.      遺族年金の請求ができる方の範囲

    配偶者(ただし、夫は55歳以上、受給できるのは60歳から)

    子(18歳年度末までの子、障害等級2級以上の障害状態にある子は20歳(共済年金は障害等級不該当時点)までで未婚の方)

    父母(55歳以上、受給できるのは60歳から)

    孫(18歳年度末までの子、障害等級2級以上の障害状態にある子は20歳(共済は障害等級不該当時点)までの方で、未婚の方)

    祖父母(55歳以上、受給できるのは60歳から)

 

※ ①の配偶者に関しては戸籍上の配偶者だけでなく、実質上の夫婦(内縁関係)であれば請求は可能です(但し別途資料をつけた内縁関係の申し立て書が必要)

②~⑤の方は養子縁組関係であっても請求可能

 

請求順位は、①、②<③<④<⑤となる。①の妻と②の子は遺族基礎年金の請求が可能ですが、②の子が実際にもらう場合に親(夫と離婚していた元妻、父親死亡後養子縁組をした祖父母)がいる場合、権利は発生しますが、遺族基礎年金の支払いはありません(遺族厚生年金は支払われます)

 

2.      遺族年金の添付書類(必須のものを列記)

     死亡者の戸籍謄本

     請求者の戸籍謄本(死亡当時別戸籍の場合のみ)

     死亡者の住民票の除票

     請求者の世帯全員の住民票(③、④は市町村によっては一枚に表記されている場 

 合もあります)    

     請求者の所得証明書 (原則、亡くなった年の前年のもの)

     死亡診断書の写し

     請求者と死亡者が住民票上別住所であった場合は、「生計同一申立書」(親  

族以外の方の証明欄あり(署名及び捺印)

     請求者と死亡者が別戸籍であった場合は、「内縁関係に関する申立書」(親族以

外の方の証明(署名及び捺印)及び内縁関係であったことがわかる参考資料)

     請求者全員の振込み希望の金融機関の通帳

     他制度の年金加入期間がある場合その制度の年金加入期間確認通知書(一元化に 

 よりなくなる予定です)

 

 

 

3.      遺族年金の金額

    遺族基礎年金 

亡くなった方の死亡当時に18歳年度末までの子いる場合、配偶者または子に支給される。

780,100円+子の加算額

※子の加算額は子2人までは各224,500円、3人目以降各74,800

 

     遺族厚生年金

    報酬比例の年金額×75%(在職中死亡で加入月数が300月に満たない場合は300月みなしで計算)

    40歳から65歳になるまで中高齢寡婦加算585,100円、65歳以上の方は経過的寡婦加算(請求者の生年月日によって異なる)が加算される場合もあります

※亡くなった方の厚生年金の期間が短い場合は、中高齢の寡婦加算が加算されない場合もあります。