進化する

7月上旬の熊本の豪雨災害で、一人暮らしをしていた高齢の義母を福岡のマンションへ緊急避難させました。
思った以上に認知症が酷くなっており、二度と自分の家へ帰ることはできないでしょう。道路が寸断され、橋が流されており、いつ復旧するかわからないと何度も説明するのですが、繰り返し、明日戻ると言い続けます。使った眼鏡、財布、歯ブラシ、靴下等終日探し物をしています。
一方で、1歳6か月の孫は、日々何らかの能力を獲得していっています。フォークを使うことが上手になった、私が仕事から帰ると全身で喜びを表してお出迎えしてくれるようになった、スポンジで自分の体を洗えるようになった(洗ったつもり?)、アンパンマンにはまり、スーパーのアンパンマンソーセージの前で動かなくなった等。
損なわれていく脳細胞と進化していく脳細胞の両方を目の当たりにしています。